• 2014.08.29 Friday
  • category:-
  • author:スポンサードリンク
  • スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | -| pookmark |
なんとなく、まだ平常心が取り戻せない。ワタシは何も関係のない一介のユーザに過ぎないのになんと無様なことだろう。こんなコトではどうしようもないなぁ、いい大人が。

と言う訳で、iPhone 4S に機種変更することにしました。For Steve。哀悼の意を表す意味も込めて。初期ロットだろうが気にしません。しかも、ソフトバンクのiPhoneで「3G」と「3GS」の利用者が「4」または「4S」に機種変更する場合、分割支払いの残金を無料にするらしい。

弔い合戦だ!! …ん〜、違うな(笑)。
- | -| pookmark |
先々週のことだ。長男がわが家にやってきた。次男と二人で行く「サマー・ソニック」で必要なものを取りに来たものらしい。ついでに貸していたCDとともに段ボール箱を持ってきた。何かと思えばHDDが二つ入るケースである。

曰く「間違って買っちゃったんだけれど、安くするから買ってくれませんか?」とのこと。バルクのHDDを2台装着すれば安くて大容量の外付けHDDも夢ではない。取り立てて問題も無いし、息子の頼みじゃ断れない。一瞬考えて即座に買ってあげた。

現物は「HDDケース 3.5型 SATA ハードディスク USB2.0接続 2台搭載」です。「言い値で売ります」と言うので3,000円払った。ワタシも「Mac mini」を手に入れてコンピュータ環境の立て直しを図っているところだ。渡りに船と言えなくもない。

それから色々と調べて格安のHDDはないかと当たって調べてみたが、どうも「Amazon」で取り扱っている「Western Digital Caviar Green 3.5inch 5400rpm 2.0TB 64MB SATA 6.0Gbps WD20EARX」が5,670円で一番コストパフォーマンスが良い。

路面店をチェックしに秋葉原に行くことも考えたが、ずいぶん行っていないので土地勘が無い。無駄足になりそうなので止めた。昔日の面影は須田町の辺りに多少残っているだけで、後はすっかりと様子が変わってしまったコトは何となく判っていた。で、仕方が無いので金曜の夕方に「Amazon」で2台ポチッとしたのだった。

現物は土曜日の夕方に届いた。プラスドライバー1本で5分もかからずに完成。4TBの外付けHDDが14,340円なら安い買い物だろう。現在1TBの外付けHDDの市場価格がこんな感じだ。唯一問題はUSB2.0で、FireWire800に未対応という点だろうな。

とりあえず本体のHDDのバックアップと言うことで「TimeMachine」専用にしておいて、何かあったら変更すれば良い。できれば、今、2.5TBの外付けHDDに蓄積している「iTunes」のデータをバックアップできればそれに越したことは無いと考えている。

一ヶ月前の不自由なコンピュータライフが嘘のようだ。快適なのです。怖いのは今月のカードの請求であります。また、「M資金」を取り崩さねばならないのか。この快適な環境の前には致し方あるまい。

現在のワタシは快適な貧乏です。
- | -| pookmark |
ある日突然、無性に食べたくなるものがある。例えば「ラーメン二郎」はその要素が強い。脂ぎとぎとのスープにゴワゴワの麺、山盛りのゆで野菜、みじん切りのニンニク。こんな組み合わせが美味しいとは思えないのだが、食べてみると案外美味しい。

スープは化学調味料の味だし、ニンニクは午後人に会う時は食べられないくらいのすごい分量だ。麺は延びないために硬めにしてあるのだろう。全てにおいて「Too Much」な印象だ。毎日食べるものでは無い。ワタシだったら2ヶ月か3ヶ月に一度位の頻度で「無性に食べたくなる」のだ。

食べる度に「もう当分要らないな」と思う。食べたことを、ちょっと後悔してもいる。常習性はないが麻薬的な魅力がある。

事務所の近辺では大久保駅から歩いて5分のところに「らーめん大」というインスパイア系のチェーン店がある。本家と近いが、もっと醤油味が濃い。野菜の量は半端ではなくて、「野菜まし」と言ったら天を仰ぐこと間違い無しだ。

自宅がある「板橋本町」には「慶二郎」というインスパイア系の異端児店ができた。もう一年になるか。ココはしょっちゅう味が変わっていたが、最近安定し始めた。結局現在は「らーめん大」のスープを微妙に甘くしたような不思議なスープだ。もちろん「脂」「ニンニク」は外さない。

個人的には「自宅で二郎は無いだろう」と思っているが、地元で就職した次男にとっては掛け替えのない店らしく、結構頻繁に通っている。「板橋本町」くんだりで「二郎系」が食べられるという意味では奇跡的かも知れないが。

ワタシから見た「二郎」の魅力は「野菜」だ。あれだけ大量の「キャベツ」と「もやし」を食べられるというのは実にすばらしいことだと思う。サラリーマンが外食であれだけ大量の野菜を摂取できることは希だ。ただ、組み合わせとしてあの「脂」はねぇ。ドレッシングとして考えても「Too Much」だ。もちろん「脂少なめ」と言えるのでその辺はご自由にと言うことだが。

ワタシの理想は、日本中華料理の名店「八十番」の「タンメン」に「野菜まし」があればいいのだが。普通の「タンメン」に使う倍量の野菜でも食べられる。しかし、このリクエストはダメだろうな。頼む前からひるんでどうする…と言う感じだが、難しいだろうな。「タンメン大盛り」を頼んで「麺は普通で良いです」と言うか。普通の「タンメン」だったりして(笑)。

と言う訳でただ今ワタシの頭の中で「慶二郎」の「野菜多め」がとぐろを巻いてのたうち回っているのです。次男に電話して深夜に食いに行くか。ああ、食べたい!!
- | -| pookmark |
正直な話、今まで良く耐えてきたな。本当に偉かったぞ、ワタシ。…と言う感じ。畳と女房は新しいモノに限る…とは言うが、コンピュータも全く同じなのだった。いつも機種を変更して実感していることだが。

最初は快調にビュンビュン飛ばしているマシンだが、その内だんだん衰えていくのは止められない。そんな愛機を、ひたすら愛おしさだけで使い続けていくのだが、ついにガマンの限界を超えて新妻に乗り換える。この繰り返しだ。

そんなことを考えながら「Mac mini」を使っているが、この軽快なスピード感はどうだ。昔々、「iMac BondaiBlue」を「eMac」に乗り換えた時も、「eMac」を「iMac」に乗り換えた時も同じコトを思った。もちろん、モデムを使った「テレホーダイ」を「ブロードバンド」に乗り換えた時も、その「ブロードバンド」を「フレッツ光」に乗り換えた時も同様だった。

自動車だとガマンして陳腐化を乗り越えれば「クラシック・カー」としての新たな価値が生まれるが、コンピュータはどうも違うようだ。歴代のマシンは捨てないで死蔵はしているが、再び使うのは無理だろう。T型フォードで首都高速に入ることは難しいのと同じ理由だ。

ただ、初期のカラー・クラシックなどが好事家の間でコレクションの対象になっているが、やっぱりガマンして持っておくべきなのかもしれない。ワタシはMacに関しては好事家では無いので、そこまでするつもりは無いけれど。

使い心地の良さとして特筆すべきは「Magic Trackpad」でありましょう。「MacBook」搭載されているモノと同じシステムが、13 cm四方に広がったという感じか。至極使い勝手がよろしい。ワタシはもともとマウスを使い倒していてので、まだ完璧に使い慣れた感じでは無いが、いくつかのアクションを覚えてしまえば、大変にスムーズに作業ができる。

単純にワタシが新しもの好きだと言うこともありますが、「ついにマウスから解放された!」と言う気分の方が大きいような気がする。Windowsでマウスを使い始めた頃は確かに画期的だったが、いい加減飽きていたのね。「Magic Trackpad」自体が目新しいモノでは無いけれど、個人的にはうれしい変化だ。

問題が無い訳では無い。「ATOK2011」の環境が転送されていないのだ。今まで10年以上掛けて鍛え上げてきた「ATOK」が使えなくなるのは痛い。時間を掛けて調べてみないといけないようだ。多分無駄な努力だと思うけれど…(泣)。

あと、Lionに対応していないアプリケーションもいくつかあって、例えば、SONYのHi-MDのデータを取り込むソフトが使えなくなった。コレは痛い。こっちの「SONY Timer」が発動するとは思っていなかったのでショックだった。SDレコーダに強制的に切り替えか。嫌だなぁ。

ま、そんな感じの近況です。やっぱり良いことずくめでは無いと言うことです。それにしても辛いのは「ATOK」だ。あー、面倒くさいことになった。
- | -| pookmark |
結局肝心要の「チキンカレー」の作り方を別件で見損なったワタシです。初めて見聞きするスパイスの多さに驚き、コレは手に入らないなぁ…と思うような物もありました。一概にインド料理という訳には行かないと悟り、ちょっと意識してカレーに立ち向かってみようと思います。

さて、そんな楽しい昨日は「Mac mini」到着日でもありました。ワタシが家を出た直後、10時頃には届いたようです。さすが「Apple」、気配りが効いている。

家に戻ったのが18時頃。すぐさまセットアップをします。Mac本体、モニタ、BlueToothのキーボード、トラックパッド。チョロいモノです。そして「iMac」からのデータ転送用に「FireWireの9pin-6pin」のケーブルを装着。

18時30分からデータ転送を始めましたが、相互のマシンが相手を認識しないのです。結局、画面の指示通りに「Ethernet経由」でやり直してみたらできました。1時間ロスしました。で、データの移行に2時間30分がっつり。この間に夕食。夕食は昼にごちそうになった「カレー」や「サブジ」の残りをいただいて来たモノを食べた。美味し!!

それにしても「FireWireの9pin-6pin」のケーブルを用意しろと言ったのは、Apple サポートセンターですよ。どうなっているのだ。

で、完全にデータが移行できたことを確認してラックにある「iMac」と「Mac mini」のセットを入れ替えて、「iMac」の初期化に取り掛かる。本体に同梱されていた「セットアップ用ディスク」がどこにあるのか忘れていて一瞬焦りましたが、さすがワタシ! ちゃんとしまってありました。コレの再インストールに1時間。デフォルトの「Tiger」から「Snow Leopard」にアップグレードするのに30分。

手こずるかと思った「無線LAN」の設定がサクサクとできたのには驚いた。何もしていないのにつながってしまったのだった。コレは今でも判らない。と言うか納得がいかない。それぞれのマシンが自分で検出したのだろうか。うーむ。

で、気がついたら午前2時30分なのでした。ガーン!! 今、とっても眠いです。「Mac mini」の使用感については改めてご報告します。

- | -| pookmark |
ブツが届くまでの微妙な時間差を楽しんでいるというか、言い換えますとイライラしつつウキウキしているというアンビバレンツな様相を呈している訳ですが、まぁ、ガールフレンドとの約束の時間までまだかなりあるのに時間をもてあましていると言った方が良いのかな。

とにかくちょっといつもと違うワタシです。

ブツはパラパラと届くらしく、今日は「DVDドライブ」だけが予定されています。肝心要の「Mac mini」は8月4日まで届かない訳です。うれしくないなぁ。まとめてドン! と送ってくださいよ。キーボードとかパッドの類いもパラパラと送られてくる様子。変だよね。

Apple純正では無いモノはAmazonに発注している。例えば吸気口のフィルターとかFireWireの9pinと6pinの3mケーブルとか。以前は新橋にいたので何でも手に入ったが、新大久保に来てその辺が大変に不自由になった。自転車で池袋に回れば良いのだが、駐輪場にも不自由な場所だ。面倒くさいので全部Amazonに頼んだ。

コレもまたパラパラと届く。予想外の大きな箱に入って。

コレラはどうも物流の都合みたいだ。小さなモノを大きめの箱に入れてくるのは、荷物として取り扱う上での利便性を優先するためらしい。郵便では無いのだ。配送する途中でどこかに紛れ込んでしまっては困ると言うこと。

また、パラパラ送ってくるのも、一つにまとめて送る場所と人手が確保できるかどうかによるモノらしい。Appleも同様だ。その点、AmazonやHMVはCDや出版物をよくぞ豆にまとめていると感心する。一度センターを見学してみたいモノだ。興味津々だ。

思えば宅急便が世に出て30年くらいになるか。物流は本当に大変革を遂げたと思う。昭和の40年代、運送会社は企業の資材などを専門に運搬していた。「ヤマト運輸」と「佐川急便」は特別に急ぐモノとか、小物だが大切なモノを送る時のみに使っていた。割高だったからだ。今でも資材の物流は同様だろう。

その後、「ヤマト運輸」と「佐川急便」はターゲットを「一般消費者」に絞り込んだ。と言うか「郵政省」の小包に目を付けた。コレで成功してしまったのだ。小泉の郵政民営化も「ヤマト運輸」と「佐川急便」がいなければ成就できなかったに違いない。

「ヤマト運輸」のドライバーは地元の郵便局の配達員より個人宅の状況を把握していると思しい。その家の家族構成、帰宅時間、配達されるモノの傾向。もしかしたら趣味嗜好まで。逆に言えば、「ヤマト運輸」のドライバーは営業マンとして地区別部門のダントツトップだろう。なんと言っても強いのは相手に断られないのだから(笑)。

ウチの担当ドライバーさんは、昼間に来ていなくても、必ず19時以後に再配達をしてくれる。依頼しなくてもだ。助かります。

因みにAppleは配送業者を「福山通運」から「ヤマト運輸」に乗り換えて3年目だと思う。故障したマシンも引き取りに来てくれるが、専用の搬送ボックスの上出来な具合には客であるワタシもドライバーさんもたまげた。とにかくすごく良く考えられている逸品だ。

Appleとヤマト運輸の蜜月はいつまで続くのか。なかなか見物だと思っているんですよ、ワタシは。
- | -| pookmark |
ついに買っちゃいましたよ。何って「Mac mini」です。割引かポイントが付く方法を色々と模索しながら悶々としていたんですが、ひょんなコトから6.3%割引の裏技を思い出し、キーボードを叩いてみたらうまく行ったのです。物欲が目覚めた勢いがブンブン効いているのでそのまま購入ボタンを押してしまいました。

あーあ、やっちゃったよ…。

すぐさま「ご注文成立のお知らせ」なんて言うメールが届いて「あーあ…」なんて思ったりして。最初から買わなきゃ良いじゃん。でもうれしいんですよね。

出荷予定日は「3営業日」となっているので、理屈で言えば7月30日(土)に到着予定なんだけれど、お届け予定日は8月4日になっている。この辺が判らないんだなぁ。

とにかく賽は投げられた。

8月14日にはわが家の光回線が1gbpsになるし、ワタシのコンピュータ環境は一気に遅れを取り戻す感じだ。細かいアクセサリ類は追々揃えるとして、新しい「Mac mini」。存分に楽しませていただこうと思います、ハイ。
- | -| pookmark |
ついに現行の「iMac」を見切ったワタシは、新型「Mac mini」を本気で買う気になった。4年半経つとメモリが足りない上にスペックがさすがに見劣りする。実際にネットをいじるにせよ、「office」で何か作るにしろ反応が悪い。しばしばストレスで「イーッ!!!」となるのだ。

現行のスペックはこんな感じ。

2.0GHz intel Core 2 Duo / 1GB RAM(512MBx2) / 160GB SATA HDD / ATI X1600 128MB Video RAM / Super Drive / Wireless / OS X 10.5 Snow Leopard

1年前にも愚痴を垂れているが、さすがに時代遅れ。こんなところで時代の移り変わりの早さを実感したりするのも、さすが21世紀だ。アトムの子ね(笑)。

因みに、今入手しようと画策中の「Mac mini」のスペックはこんな感じ。

2.7GHz Dual-Core Intel Core i7 / 8GB 1333MHz DDR3 SDRAM - 2x4GB / 500GB Serial ATA Drive @ 5400 rpm / MacBook Air SuperDrive / Magic Trackpad / Apple Wireless Keyboard (JIS) / OS X 10.6 Lion

問題は巷に品物が無いのですよ。アップルのネットショップで買うしか無いのかも知れない。まあ、それが本筋な訳だが、大きな買い物なので多少ポイントでも貯めたいじゃ無いですか。無理っぽいんだよね、現状としては。

慌てずに大人しく待つしか無いのかも知れない。半月経てば状況は変わるだろうと甘い考えなんだけれど、ダメかな…。
- | -| pookmark |
  • 2011.07.23 Saturday 16:15
  • category:Mac or PC
  • author:orffglass
  • Lionは寝ているもしくは起ち上がらない
MacのOSが新しくなった。「Lion」だ。ネットのダウンロードのみ。2600円。わがやの「iMac」にもその新OS「Lion」を搭載しようとしたらダイアログボックスが出た。曰く。

「何言っているんだよう。お前のポンコツはメモリが2GB載ってないじゃん。ぼけたらいかんで。出直せポンコツ野郎!!」

ガーン! 見捨てられたのです。4年前のマシンですから2GBは積めますが、今更このマシンに注ぎ込むのは愚の骨頂です。新しい「MacMini」が出たばかりだ。買うか?!

Appleのマーケティングに乗せられているのは承知の上だ。仕方が無いなぁ。

嗚呼。
- | -| pookmark |
ノンビリの土曜日です。月曜日に大掛かりな会議はありますが、今日は一日ノンビリさせて貰うことにしました。明日は天気が良ければ自転車出勤しますが、天気が悪ければ休日にします。

いい加減疲れました。本業の定時総会が終わったんだから休んでも罰は当たらないでしょう。肩の力を抜いてすこし楽になりたい感じです。自分でこんな矛盾を抱えているのが可笑しいのですが、ワタシはずぼらな完璧主義者なのです。困ったモノです。

明日は明日の風が吹く。

そんなワタシの目下のお楽しみは「ATOK 2011 for Mac」の発売です。IMEです。なんだ突然…と言う感じでありますが、年に1回バージョンが上がる「ATOK」は毎回ハズレがありません。常に進歩している。大したモノだと思います。

実はMacユーザの多くの方は「ATOK」を認めない傾向が強いんですよ。古くからある「EG-Bridge」のユーザが一つの集団を作っている感じ。ワタシも使っていましたが、使い始めた途端に開発が終了してしまいました。ガッカリでした。いまは「KAWASEMI」というIMEがエンジンを引き継いでいるようですが。

今回の「ATOK 2011 for Mac」の楽しみは「ATOK Sync アドバンス」です。
・複数台のMacで快適な入力ができる
・Windowsとも同期。登録単語をiPhoneのATOKアプリに
自宅に複数あるMac全てに同期できる。職場のWindowsのATOKも、毎日使っているiPhoneも同期。夢みたいじゃないですか。

もっともiPhoneのIMEにATOKは採用されていないので「ATOK Pad」「Tweet ATOK」で楽しむだけですけれどね。

「バカ」とか「アホ」とか「愚鈍」とか「たわけ」とか「役立たず」とか「脳足りん」の代名詞となっている「ことえり」にはもう戻れないです。実は「MS-IME」にも同じコトが言えるのですが、これ以上敵を増やせないので今日はこの辺で。
- | -| pookmark |
(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
無料ブログ作成サービス JUGEM