• 2014.08.29 Friday
  • category:-
  • author:スポンサードリンク
  • スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | -| pookmark |
  • 2012.10.28 Sunday 14:54
  • category:Radio
  • author:orffglass
  • radikoが録音できないとお嘆きの貴兄に…
久し振りに日記をアップしてみた。誰も読んでいないので、ま、どうでも良いんだけれど(笑)。

実は今週に入って「radiko」が録音できない事態が続いていた。NHK以外の「民放各社」が聴けないのだ。テレビを観ないラジオ生活者のワタシにとって「radiko」は生命線だ。最初は自分のマシン環境が逝かれたのかと色々試行錯誤してみたが埒が明かない。

こう言う時は「2ちゃんねる」が頼りになる。早速探してみたら大騒ぎになっていた。どうも「radiko」がコッソリと仕様変更したらしいと言うコトが判った。判ったけれど、対応が書かれていない。

ワタシは「Audio Hijack Pro」と言う Mac 専用のレコーダーに複数のブラウザを使って録音していたのだが、それをさせない措置を「radiko」側が取ったと思しい。ケツの穴の小さい奴らだ。

すっかりお手上げ状態かと思ったら、Mac専用の「radikoレコーダ」が存在し、既に10月25日にはその問題に対応したという事実を知った。ワタシが録音を始めた頃は Windows 専用のレコーダはあったが、Mac には何も無かったので知らなかったのね。

もう仕方がないので買いました。「ラジ録2 Mac板」です。ダウンロード版が1980円だと言う。藁にもすがる思いで導入しました。予約録音もできる。まだ海の物とも山の物とも判らないが、お手並み拝見という感じだ。http://www.magnolia.co.jp/products/utility/rdorec/2/m/index.htm

それにしても「radiko」もひどいことをしてくれるモノだ。ラジオファンをいじめて何がメリットだと言う積もりなのだ。著作権問題とか言い立てるのだろうが、一般庶民が個人で楽しんでいる分には何も問題はなかろうモノを…。

むしろ聴取者がわざわざ対応ソフトを買わざるを得ない状況に追い込むコトは、逆効果なんじゃないのかなぁ。株式会社radikoなんて、どうせ「電通」の退職者の巣窟みたいなトコロなんだろうな。http://radiko.jp/#

録音したい番組がひしめきあっている日曜日に間に合ったのは不幸中の幸いだが。果たして使い物になるのかどうかは、前にも書いたが、海の物とも山の物とも判らない。心配で全くおちおち寝られやしないッスよ。

追記:radikoのサポートデスクに出した「ヘルプメッセージ」の返事が来ていたので晒します。確信犯からの手紙(笑)。

【お問い合わせの件について】radikoサポートデスク

この度はIPサイマルラジオ【radiko(ラジコ)】をご利用いただき、
誠にありがとうございます。

お問い合わせにつきまして、
度々ご迷惑をおかけして申し訳ありません。
問題解消のため、今一度エラー状況をお教えください。

1)radiko.jpトップページの左上(radiko.jpロゴの下)に表示されているエリアは、
  どこになっているでしょうか?正常判定であれば「TOKYO JAPAN」となっています。
  また、同じく問い合わせフォーム上に表示されているエリアは、どちらになっているでしょうか?

2)どちらの放送局をクリックした際に、エラーが発生しましたでしょうか?
  聴取できている放送局がございましたら、お教えください。
  また、radiko.jpでは、エリア毎にサービス展開をしているため、他エリアの放送を
  聴取することは出来ません。今一度、聴取可能放送局をご確認くださいませ。
  聴取可能放送局に関しましては、radiko.jp内の「配信エリア」に記載しております。

3)お問い合わせいただいている環境と聴取いただいている場所は同じでしょうか?
  聴取場所とお問い合せ場所が異なる場合、正しいエリア修正が行えません。

4)公式アプリ以外のアプリケーションをご使用でしょうか。
  ご利用の場合、正しく聴取できない場合がございます。

5)エリア内の放送局HPトップページにある「radiko.jpを聴く」等のバナーをクリックし、
  聴取をお試しください。

6)一度キャッシュクリアをお試しください。解消する場合がございます。

以上、お急ぎのところ大変恐縮ですが、
ご協力をよろしくお願い申し上げます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
このメールは送信専用メールアドレスから送信されていますので、
返信は出来ません。ご了承下さい。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

□■◇◆□■◇◆□■◇□■◇◆□■◇
radikoサポートデスク
担当:平野・井上
http://radiko.jp
□■◇◆□■◇◆□■◇□■◇◆□■◇

  • 2012.01.10 Tuesday 17:15
  • category:Radio
  • author:orffglass
  • ラジオを録音して楽しむには
もう10日が経ってしまった。あっと言う間だなぁ。ひたすら忙しいだけの月日が流れている訳ですが、例によってワタシの楽しみは 
1.自転車通勤 
2.CDを聴く 
3.AMラジオを聴く 
なんです。本当に安上がりにできているよね。

まあ、CD代は当然かさむ訳ですが、唯一のお楽しみですからコレは止められないんですよ。ただ、枚数は減り始めていると思う。基本的にCDを聴く時間が減りつつある訳です。録音しておいたラジオを聴かねばならないから。

コレは良い趣味だとワタシは自画自賛しているのです。コレクションとしては珍しいけれど、消えモノであるラジオ番組を固定するというのは、新聞のスクラップにも似て、後から色々とお楽しみがあるのです。例えばCMにしても、必ず時代を反映している。今でこそどうと言うことはないけれど10年もすればかなり懐かしい味わいになっていると思う。

あと、臨時ニュースも貴重です。昨年の「3.11」以来の余震に関するニュースだけでも、かなりの量が番組内に飛び込んでいる。結構リアルです。例えば「爛漫ラジオ寄席」のような演芸番組は、落語の途中でもニュースを入れてしまう。当然と言えば当然です。

何かお気に入りの番組があったら録音することをお勧めします。今はIPサイマル放送の「radko」があるので、コンピュータのHDDに録音することが可能です。

Windowsユーザなら「radika」があります。ワタシはMacユーザなので使ったことがありませんが、使い易いと聞いています。

Macユーザには「Audio Hijack Pro」を強くお勧め。ココで説明を読んで納得してから手に入れてください。残念ながらというか、当然というか、シェアウェアです。

「radiko」のお陰で大変楽ちん且つ高音質でラジオ番組の録音ができるようになりました。とは言うものの関東地方の放送しか対応していないのが何とも残念です。「3.11」以後、一時、関西の放送局も聞くことができましたが、今は無理です。

是非とも、日本全国のラジオ番組がIPサイマル放送されることを望んで止みません。イリーガルな方法もあるにはありますが、ココではちょっと。知りたい方はメッセージをいただければお教えします。

んじゃまた。
  • 2011.03.18 Friday 16:33
  • category:Radio
  • author:orffglass
  • 鰹節とコカコーラと無味無臭
明日から三連休であります。休みはうれしい。職場でいる時間は朝一からバタバタしていて、日記らしい日記も書けなければレスポンスもできない感じ。朝、1時間早く出勤するワタシは、その時間に日記の骨子を作ってしまうのが常なのだが、今週はいきなり仕事スタートです。メールがてんこ盛り。

日中は蛍光灯を消灯して執務。執務って柄じゃないな。勤務かな。電気ポットも使っていない。テレビだけは点けっぱなしになっているが17インチの小さなモノだ。

最近は緊急地震速報が鳴ってもドキドキしなくなってきた。馴れたのではない。もうどうにでもなってください…と言う感じなのね、自宅でも事務所でも。やっぱりそれなりに疲れているんだと思います。

無音が嫌なのでテレビから流れる音声は環境音楽代わりだ。画面を観ていたら仕事にならないしね。家でテレビを観ていないのに事務所で観ていたら変でしょ(笑)。

実は事務所のラジオが昨年2月の引っ越し以来行方不明だった。昨日、家捜ししたんですよ。引っ越しの時に捨てていないことは判っていたので。俗に言う「CDラジカセ」である。前世紀の遺物です。

案外アッサリと見付かりました。戦犯くんのデスクの足下。なんでこんな所にあるのか判然としないが、見付かったことは僥倖である。NHKテレビの音声にもいい加減厭きたので、ワガ愛するAMラジオに切り替えてみた。

TBSラジオの「キラキラ☆」を鳴らてみたらどうだったと思います? その通り。事務所には合わないんですね。全然合わない。だったらNHKラジオ第一にしたらいいだろうと切り替えてみたら、これも合わない。

TBSラジオは小島慶子のおしゃべりが見事にミスマッチ。民放ですから、ま、当然ですわな。

NHKラジオ第一も妙に感情的なアナウンスが気になる。優しく呼び掛けるような感じ。声に感情が込められているのね。これも当然ですわな。

結果として「意外とラジオはエモーショナルなメディアなんだ!」と言うことに気付いてしまいました。自宅では全然気にならないのに、事務所ではちょっと違うような…。

J−WAVE辺りの胡散臭い英語訛りの日本語というのは、その辺の日本的にエモーショナルな気配を消すためのスパイスなのかも知れません。「鰹節」臭い事務所より「コカコーラ」臭い方が事務所…と言うかオフィスには合うと言うことか。

そして、NHK総合テレビの音声は極めて抑制が効いており無味無臭というのが驚いた。民放テレビは試していませんが、RATTAさんに教えていただいた「東北地方太平洋沖地震発生時の全テレビ局同時マルチ映像」を観れば大体想像が付きますわ。

変な仮説を導き出してオチ無く終わります。メールが溜まり始めました。
- | -| pookmark |
実は最近、CDを聴く時間が減ってきた。何をしているかというと、Macで録音しておいたAMラジオ番組を聴いているのだ。コレが結構面白い。

特に夕食時にテレビを観ないワガヤは、その時間はCDを聴くかラジオを聴くことになる。しかし、ワタシが好んで聴く音楽は食事のBGMには過激だったりする。騒がしかったり落ち着かなかったり。

また、リアルタイムで放送されているラジオ番組が意外と詰まらない。お気に入りのTBSラジオは「KAKIIIN」と言う番組を19時〜21時に放送しているが、コレが実に詰まらない。駒田健吾、初田啓介らの男性局アナが担当しているのだが、トークは底が浅く、かかる音楽は無難なヒット曲ばかり。「大人のためのラジオ番組」を標榜しているが聴いていてイライラする。

TBSラジオの男性局アナの力量は女性アナに負けているとしか言いようがない。没個性的で顔が見えてこないのも本人達の努力不足だ。しょせんスポーツ中継しか脳がないヤツラに面白いトークを望むのは無茶か。第二の久米宏、安住紳一郎は出て来ないのかもしれない。

NHKラジオ第一が全国向けに放送している夕飯時の日替わりバラエティも、演芸番組ならいざ知らず、スタジオの公開放送などは一体なにが面白いのかさっぱり判らない。大昔の「話の泉」などの亡霊が取り憑いているのかも知れない。いい加減に頭を切り換えて欲しい。

そう言えば思いだしたので書いておくが、隔週火曜日21時05分からNHKラジオ第一で放送している「亀渕昭信のいくつになってもロケンロール!」は3月1日、3月15日の2回で放送が終了になる。

後番組は同じ時間帯で「亀渕昭信のにっぽん全国ラジオめぐり」。元ニッポン放送社長の亀渕昭信が全国のAM、FMラジオ局を回ってご当地の人気番組を次々にご紹介するものらしい。コレってかなり画期的なのではないか。

AMラジオ番組の衰退が言われて久しい。最近は「radiko」と言う強い味方が出て来たものの、AM各局の番組自体が元気が無くては仕方がない。「亀渕昭信のにっぽん全国ラジオめぐり」には大いに期待したいところだ。3月29日放送開始です。

さて、夕食時のBGMは…と言う話の途中で脱線したままだった。

ワガヤではMacで録音してあるAMラジオ放送を再生して聴いているのでした。「久米宏のラジオなんですけど」「伊東四朗・吉田照美・親爺熱愛」「久保田智子 プレシャスサンデー」「安住紳一郎の日曜天国」「木曜・ラジオビバリーヒルズ」「ミッチャンインポッシブル」「爛漫ラジオ寄席」「ミミガク」「林原めぐみのTokyo Boogie Night」などなど。

日曜日の20時以後のTBSラジオは「捨て番組」が無い。全番組を録音しておきたいが、ブラウザの使い回しが間に合わないのが現状です。団子で録音しても聴きづらいしね。悩みどころです。

また脱線した。話を戻す。

録音しておいたラジオ番組を聴きながら食べる夕食の楽しいことと言ったら堪えられないです。家族がちゃんと食卓に向き合って食事をするという当たり前のことが、テレビがあった頃にはできていなかったことに気付く。みんなテレビの方を向いて食事をしていた。

ワガヤの夕食風景は「三丁目の夕日」はおろか、それ以前の「一丁目一番地」「ウッカリ夫人とチャッカリ夫人」時代の様相を呈しているが、笑わば笑えだ。皆さんもコレは一度やってみたらいいと思う。要は馴れです。馴れればコレは快適。お奨めしたいなぁ。
- | -| pookmark |
土日休み。土曜日は午前中に主治医Aの元に朝一で出掛ける。問題なし。薬を受け取ってタクシーで目白に出る。寒空に並んで「Latte e Miele」のチケット取りに並ぶ。蜂窩織炎には良くないだろう。と言っても仕方がない。

13時にチケットを購入して昼飯を食ってから自宅に帰り「爆睡」。コレは譲れない。今週は3日間立ちっぱなしだったのだ。ひ弱なワタシはボロボロなのだ。寝る寝る。3時間眠り続けた。

起きたら18時だ。寝過ぎて自分が一体どうなっているのか判らない。「ココはダレ? ワタシはドコ?」状態です。ワタシはこう言う瞬間が大好きです。要するに寝惚けているのね。ほんの2分程度だけれどね。面白かったなー。

夕食に鍋を食べて、しばらくネットで遊んでから再び爆睡。そのまま朝まで。起きたら4時55分だ。目覚まし時計が無くても起きることが出来る。5時からTBSラジオの「久保田智子プレシャスサンデー」を聴く。録音もしているが起きて聴くのが理想。生番組なのだから。

ナゼこんな番組を聴くのかと言えば、日曜の早朝に生番組という理不尽さに対して敬意を表しているからなのだ。普通の人は寝ていますよ。こんな魚影の薄い時間だからこそ局アナ一人に担当させている訳だ。そこが面白い。判らないだろうなぁ。

5:00 オープニング・天気予報・ニュース
5:15 ラジオ朗読版「光に向かって100の花束」
5:30 大正琴こころのメロディー(渡辺美香)
5:40 今日よりちょっといい、明日を(柳井麻希)
5:47 遊学舎でいこう
6:00 こども音楽コンクール(久保田智子)
6:40 岩本初恵のハッピートーク
7:00 美輪明宏 薔薇色の日曜日
7:13 10分の幸せものがたり(市毛良枝)
7:30 牧太郎の「ザ・コラム」
7:38 TBSラジオショッピング
7:44 井森美幸のググッとぐんま
8:00 ドリームプロジェクト・はなわ・こんのひとみ・夢をかなえよう
8:10 ニュース・交通情報・天気予報
8:35 プレシャスエンターテイメント(久保田智子)
8:40 都民ニュース
8:45 エンディング 本日のおさらい&天気(久保田智子)


因みにこんな内容です。ま、暇人&老人以外は聴いていないだろうな(笑)。パッケージ番組一つ一つはかなりいなたい。ドレとは言わぬが中には噴飯モノのすごい番組もある。この石砂利混淆なC級な感じが良いんだろう。この「老人への助走」も聴き始めて10年になるかな。一生聴き続けると思います。

日曜の朝食は自分で作る。今朝は「ホットサンド」、それと冷たい牛乳。ラジオを聴きながらの孤独な食卓もなかなか良いモノだ。

この後に10時から「安住紳一郎の日曜天国」を聴く訳だが、9時から10時まで1時間空いている。ココでワタシは朝シャンをしている訳です。ああ、幸せ。

そんな日曜の午前中なのでございます。

もし恐いモノ聴きたさで興味がお有りでしたら「ココ」からDLしてみてください。
- | -| pookmark |
最近、USB接続でコンピュータに繋いでいる「ラジオチューナ」の調子が悪い。もともとFMはほとんど使い物にならないので、もっぱらAMラジオ放送の録音に使用している「radio SHARK 2 AM/FM Radio Recorder」のことだ。

この数ヶ月の間に、民放ラジオの録音についてはネットラジオの「radiko」に順次鞍替えしており、先月頃からほぼ100%移行を完了したから良いのだが、問題はNHK第一放送だ。NHKは「radiko」に参加していないのだ。ぜひとも参加して欲しいモノだ。

で、「radio SHARK 2 AM/FM Radio Recorder」なんだけれど、マジに感度が落ちている。先般まではパーフェクトな感度と音質で受信できた「TBSラジオ」「文化放送」が聴けたモノではない。チューナ本体に機械的な部品はなく、バリアブル・コンデンサ(バリコン)の劣化はありえない。

つまりこのトラブルは、チューナが起因ではなく受信環境が変化したとしか思えないのだ。チューナの設置場所に変化はなく、接続に使用しているUSBコードが劣化したとも思えない。

しいて環境が変化を探してみると、ワガヤから50mほど離れた場所に鉄筋RC5階建ての建築物が出来たことだろうか。

ココはかつての「日本陸軍・東京第二陸軍造兵廠板橋製造所」だ。私がコドモの頃は赤煉瓦の大きな建物が建ち並ぶ広大な廃墟だった。ワタシに「廃墟趣味」があるのはコレのすり込みによる影響が大きい。

今はかつての面影の何一つすら跡形もなくなった広大なエリアに「国立西が丘サッカー場」「国立スポーツトレーニングセンター」「東洋大学板橋キャンパス」が立ち並ぶ。

この「東洋大学板橋キャンパス」が建設途中なのだが、コレが出来上がるに従って「radio SHARK 2 AM/FM Radio Recorder」の感度が落ちたと申し上げているのね。

ただ、仮にこの「東洋大学板橋キャンパス」を起因とする「電波障害」だとするにしても、周波数帯域の特性から考えると、FM放送やTV放送なら可能性はあるが、AM放送だとあり得ないと思うのだ。

とにかくワガヤの「radio SHARK 2 AM/FM Radio Recorder」は、コノところ極めてご機嫌斜めであることは間違いない。「radiko」に対する嫉妬と言う極めて人間的な理由ではないと思う。電化製品、特にコンピュータにはよくある話しらしいのだが。

ちょっと困っております。「radio SHARK 2 AM/FM Radio Recorder」のユーザの方におたずねなんですけれど、コイツのご機嫌を取り結ぶ方法はないでしょうか。ヨロシクご教示いただきたいと思っております。
- | -| pookmark |
毎週土曜日の午後3時から楽しみに聴いている、文化放送「伊東四朗 吉田照美 親爺・熱愛(オヤジ・パッション)」の「公開生放送」に応募したら、なんと当たった。ワタシは伊東四朗が大好きなので大変にうれしい。

AMラジオの「公開生放送」というのも、高校1年生の時に行ったTBSラジオのモノ(番組名放念)以来で、文化放送は四谷時代に一度外観を観たきりなので、浜松町の新社屋は初めて。

なんだかお昇りさんな気分で結構うれしい。午後3時から55分の番組なのだが、終了予定が5時15分と言うコトは1週分の収録もするのかも。大歓迎です。

と言う訳で、タダで奥さんのご機嫌を伺いつつ、楽しんで参ります。そんな週末。
- | -| pookmark |
  • 2010.04.30 Friday 12:31
  • category:Radio
  • author:orffglass
  • 連休二日目・小島慶子アナの去就は…


連休二日目。今日は石田ショーキチ師匠のライブ「GO ALL THE WAY vol.6 ~Daita Magical Circus~」を新代田・FEVERで観る。ゲストはカジヒデキくん。楽しみ。

当日券は17時30分からFEVERで発売されます。このハコは奇跡のように音が良いのでぜひ一度来て観るのが吉。ここであの「いい音」を味わってしまうと他のライブハウスが辛くなります。本当に。

さて、今日も天気晴朗で気持ちが良いので久し振りに新宿西口界隈に出没して「Garden Shed」で頼まれ物件を代理購入することにした。

そんなコトがないと西新宿方面には行かないし、ついでに近隣でブートも物色してみよう。先般の「It bites」のブートが欲しいのです。

現在の職場から歩いて20分位なのだが、いざとなったらなかなか行かないモノなのです。連休中には「World Disque」にも行かねば。色々と届いているはずなので。

それにしてもパーフェクトな二日酔い。初日からコレではいけないだろう。反省しております。昼飯は「江戸っ子ラーメン」だな。食べたいモノはそれ位だわ。あそこのやさしいスープに癒やされたい。

全然話は違うがTBSの小島慶子アナが退社するらしい。午後のラジオ番組「キラキラ」はどうなるんだろう。TBSラジオ派の一人として些か心配ではある。

本人が「ラジオパーソナリティを名乗る」と明言しているので、テレビには行かないだろうが、他局で出られても微妙。他局が手を出すかどうかも微妙だと思うが。

TBSラジオを主戦場にしていた宮川賢がラジオ日本の朝のパーソナリティになったり、不思議な動きが多い昨今。TBSラジオに何が起きているのか。

うーむ。
- | -| pookmark |
  • 2010.03.16 Tuesday 16:42
  • category:Radio
  • author:orffglass
  • IPサイマルラジオ放送が始まったが…
昨日から始まったサービスが「radiko.jp」だが、皆さんはとっくにご存知のことだろう。ワタシの周囲でも「RATTAさん」や「マルコーニ(烏天狗)さん」が日記で逸早く紹介されていたが、ワタシは早朝に3分間聴いただけだったので日記には書かなかった。

とは言うモノの、ワタシは徹底した「AMラジオ狂」なので、実はうれしくて仕方がなかった。昼間の職場ではバタバタしていて「radiko.jp」を試す時間がなくて、自宅に戻って改めて試してみた。

いい音なんですね。微細なノイズがないので当然音質はクリアである。しかもステレオ放送でちゃんと配信されている。誰かが言っておられたが「AM放送にも拘わらずFM放送のように聞こえる」のだ。

謂わば工場からパイプで直送されている「生ビール」のような訳だから新鮮そのものなのね。コレには参った。PodCastでその「生々しい」感じは味わっていたが「本編」を「CM付き」で聴けるのだから「AMラジオ狂」としてはたまらない。

中には「ノイズも味の内」などと仰有る方もおられるようだが、そう言う方は当然LPだけをお聴きになっているような偏屈な…、否、通なお方なので、敢えて「radiko.jp」をお聴きにならなければいいのだ。それだけのコトでしょ(笑)。

実はワタシ、昨夜は自宅で「radico.jp」を録音するテストにハマっていたんだけれど、結果的に失敗に終っています。その方法は「ココ」から教えていただいた。「Audio Hijack Pro」と言うソフトを使うのだが、残念ながら Mac 限定です。

ワタシのマシンにはどういう訳か「Audio Hijack Pro」が搭載されておりましてね。早速試してみた訳です。どういう理由か判りませんが失敗しましたけれど。今夜懲りずに再びトライしてみますが、いかがなりますコトやら。

で、今日は昼間に時間があったので事務所(新宿区百人町)で試してみました。15時頃のコトです。アクセスが集中して混雑しているのかなかなか繋がらず、ヤキモキしていたのですが、挙句の果てにこんなタイトルが表示されました。

サービス地域外のためラジオを聴くことができません

さすが、住民登録の韓国人率37.7%を誇る百人町らしい微笑ましいエピソードではあ〜りませんか。冗談ではありません。「ホレ」。

運の良い人は関西にいるのに関東の放送も全部聴くコトができるらしい。プロバイダは「USEN」です。うらやましい限りです。

それにしても、一抹の疎外感は免れないなぁ。どうなっているのやら。プロバイダの「OCN」にクレームを付けても「radiko.jp」に文句を言っても相手にされ無いだろう。要するに「真面目に仕事をしろよ」と言うことか。

なんとなく納得がいかないんだけれど、とりあえず今日は泣き寝入りです。
- | -| pookmark |
  • 2009.10.05 Monday 22:15
  • category:Radio
  • author:orffglass
  • 林原めぐみのTokyo Boogie Night 900回突破記念公開録音【夜の部】
2009/10/04(SUN) 18:45〜20:45 東京厚生年金会館・大ホール

TBSラジオの隠れた長寿番組「林原めぐみのTokyo Boogie Night」の公開録音に25歳の長男と行って来た。ワタシが往復ハガキで応募してゲットしたのであります。

コノ手の公開録音系は滅多に当たらないし、コノ番組の過去の記念公開番組には一度も当たったためしがない。コノ番組に関しても700回位から毎回出していたが、今回が初めてですわ。

会場が「東京厚生年金会館・大ホール」です。2000名弱入る。それを「午後の部」「夜の部」の2重回し。つまり4000名弱をご招待ですよ。むしろ当たらない方が難しい。

しかし、太っ腹ですねぇ、キングレコード・スターチャイルドレーベル。どこからそんな金が出て来るんでしょうか。

確かに前半は「DJコーナー」で後半のライブは「カラオケ」ですからね。ステージのバリライト以外は全然金なんて掛かっていないとは言え(ウソウソ)、来場者は100円の往復ハガキを出しただけなんですよ。なんかねぇ、申し訳なくなっちゃいました。

つまりは「林原めぐみ」と言うキャラクターの強みだと思うのですよ。ワタシはアニソンは聴きません。アニメも観ません。ワタシはテレビも映画もDVDも観ないんですから。「林原めぐみ」との繋がりは、月曜0時からTBSラジオで30分間放送されているコノ番組「林原めぐみのTokyo Boogie Night」だけです。

実はワタシ、偶然に最初期からほとんど毎週聴いているんです。18年だそうです。日曜の深夜、月曜の早朝。一番ブルーになる時間ですよ。「笑点」「サザエさん」以上に深く辛い時間です。そんな「どん底」でワタシはコノ人に救われていたのでした。

過剰に前向きな「林原めぐみ」のDJでガッチリ気分転換を図ってガッツリと眠る。ワタシにとっては「コカインでできている導眠剤」みたいな存在なのでした。今でもそうです。

昨日も2000人弱(2部制でトータル4000人弱)のオタクが「林原めぐみ」にすっかり癒やされているのを目の当たりにして、ワタシは結構感動していました。みんなワタシと似たり寄ったりな状況なんだと思います。

チケットを交換する時に会館横に全員並ばされたんですが、コノ人たちは実に地味な人たちなんです。見た目も言動も行動も。整理番号順に整然と列に並び、誰ひとり狡いコトをする訳でもなく粛々とスピーディーにチケットが交換されていく。

嗚呼、日本の地味な底力は彼らが支えているんだと思いました。コノ人たちにワタシも含めて良いですか?www

昨夜の「夜の部」で「林原めぐみ」がアンコール風に「テーマソング:Tokyo Boogie Night」を会場のファンを巻き込んで熱唱してステージを去り、陰マイクでしみじみと御礼を言われ、全てのプログラムが終わって「客出し」のアナウンスが入っている最中、2階席から「檄」が飛ばされ、会場の客全員で「三本締め」をした。

コノ不思議な一体感はなんだろう。「林原めぐみ」本人も言っていたが、「私はライブなんてほとんどしていないのに、コノ会場の一体感はなに?」なのである。それは「林原めぐみ」本人の素晴らしいキャラクターのなせる技だと思う。

ま、何を言っても判らないと思います。興味を持たれた向きは一度聞いてみてください。「ココ」からダウンロードできます。
- | -| pookmark |
(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
無料ブログ作成サービス JUGEM