<< 転がり抵抗の悩み

コピーは短し駄文は長し >>

  • 2014.08.29 Friday
  • category:-
  • author:スポンサードリンク
  • スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | -| pookmark |
最近微妙に帰宅時間が遅くなっていることに気付いた。忙しいことは確かに忙しいが、新橋時代とさほどに違いはないのだ。なのに遅い。通勤時間は全く不変です。戸口から戸口で35〜40分。

なぜ気付いたかというと、最近地元の豆腐屋で豆腐を買えない日が続いていることに気付いたからなのだった。豆腐屋は19時に閉店する。ワタシは19時に地元にいないと言うことだ。

一つ気付いたことは戦犯くんがなかなか帰らなくなったことが挙げられる。新橋時代は16時を過ぎると音を上げて早々と帰宅していた。老人の特権だとうそぶきつつ。

それが百人町になったら17時を過ぎても帰ろうとしない。理由は簡単である。自宅が近いからだ。徒歩で20分という感じじゃないかな。むしろ電車に乗る方が面倒臭いだろう。

しかも奥さんが結構きつい人なので「あんまり早く帰ってこないでよ」と言われているような気がする。ここはあくまでも想像でありますけれどね。なんとなくそんな感じがするのだ。

それから、なんとなく新橋にいた時とはワタシの体内時計が違う感じなんですよ。百人町の方が遅くなっても気付かないケースがままある。と言うか毎日そうなんです。

新橋なら18時を過ぎたら気が付いて「超過勤務しても一文の得にもならぬわ。さっさと帰るとするか」と腰を上げていたのに、今では19時を過ぎてから「えっ?!もうこんな時間なの?!無駄な時間を過ごしてしまったっ!!」っつう感じなんですよね。

ワタシは色々と考えて見て、ある仮説を立ててみました。要するに「新橋」と「百人町」の「盛り場度」の違いなのではないか…と。

つまり「新橋」は夜が早い。16時には「立ち飲み」がオープンしているのです。それに引き替え「百人町」はどうも17時にはまだ「居酒屋」にエンジンが掛かっていないんですよ。スタートが遅い感じ。

安住紳一郎の言葉を借りると「百人町は新橋に比較して【ハッスル係数】が低い」と言うことになろうか。

この空気間の違いつまり【ハッスル係数】の低さがワタシの夜を遅くしているのだという気がしてならないのです。ワタシが「百人町」に馴れていないという大きなハンディもありますが、「盛り場の規模」「盛り場としての品格」なども加味すると、どうも「百人町」は分が悪いんだな。

後ろに控えているのが「銀座」と「新宿」じゃねぇ。【ハッスル勝負】にならないでしょう。あ、ソコの師匠。お平にお願いします。けなしている訳じゃないんです。

とまあ、「百人町」では盛り上がらないまま帰ります。今夜は「巣鴨」で美味しい焼きそばを食べるイベントを仕込みました。美味しいんですよ。知る人ぞ知る「やきそばーHIT」です。

マスターにずいぶんご無沙汰しているのでご挨拶がてら「巣鴨の桜」を観て参ります。

ではごきげんよう。
- | -| pookmark |
  • 2014.08.29 Friday 18:06
  • category:-
  • author:スポンサードリンク
  • スポンサーサイト
- | -| pookmark |
(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
無料ブログ作成サービス JUGEM