<< 判らないモノは判らないと言うコト

人類の営みの原点とは >>

  • 2014.08.29 Friday
  • category:-
  • author:スポンサードリンク
  • スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | -| pookmark |


7月18日(日)の東京は梅雨明け後の青空が素晴らしい真夏日になった。コノ日は前から「西荻窪」に行こうと思っていた。奥さんをまだ連れて行っていなかったからである。コノ人は自分の知っているところから出たがらないタイプなので、時々こうして引っ張り出さないといけない。

徹夜のコンビニのバイト明けだった次男は、その暑さのあまり寝ることが出来なかったらしく、着いてくると言う。ついでに西荻窪で探してみたい店があるという。生憎、ガールフレンドは仕事だ。ナルホドね。

ワガヤのある「板橋本町」から「西荻窪」はバスを使うと便利。環七を経由して「赤羽駅東口⇔高円寺駅北口」を走っている「赤31系統」で「高円寺駅北口」に出て「中央線」に乗って3つ目の駅が「西荻窪」だ。

天気は良いし、暑さの割に湿度がない。良い小旅行になった。バスは快調に環七を飛ばす。30分も掛からずに「高円寺駅北口」に到着。14時過ぎには「西荻窪」に着いていた。

実は奥さんとワタシは様々な趣味が合わない。なぜ一緒になったか判らないくらいに違う。しかしモノは考えようで、だから37年モノ長い間を一緒にいられたのだとも言える。要するに「お互いの趣味には干渉しない」と言う割り切りだ。

しかし、こういう「街歩き」は完全にワタシの趣味なので、まずお互いの数少ない共通の趣味を満足させると言う「大技」に出た。つまりは「しっかりと食わせる」である。

まず行ったのは「甘いっ子」だ。「氷イチゴ」のシロップが本物のイチゴから作られている甘味物屋の王者である。三人で「イチゴミルク」を堪能。美味し。奥さん、次男も大満足。



甘いっ子
東京都杉並区西荻南2-20-4
03-3333-3023

次に「ぷあん」と言うアジアご飯の店に行く。土日限定の「カオ・ソイ」目当てだ。タイのカレーラーメンですね。ココのは美味いらしい。

何と次男が探したかった店というのはコノ店だという。「ゆらゆら帝国」とか「The Stars」のドラマーのアラジンさんがコノ店と関係が深いらしい。不思議だねぇ。

でも「カオ・ソイ」は売り切れだった(泣)。仕方がないのでワタシは「魯肉飯」、奥さんは「二種類のカレー」、次男は「今日のカレー」。美味し。



デザートの「西瓜のココナツミルク掛け」も良い。



ぷあん
東京都杉並区西荻南2-24-1
03-5346-1699

コレで完璧に二人を黙らせた。「ココからはワタシの趣味で行くぞ!」とアイスクリームの「ボボリ」を二人に見せてから北口から伏見通りの商店街に突入する。

「古書・音羽館」「旅の本屋・のまど」「ミーシカ」「galerie non」「アンノウン・レコーズ」「古書・花鳥風月」とチェックして回る。

奥さんはすぐに飽きてしまい「旅の本屋・のまど」の前の「西荻北中央公園」で待っているという。ラッキー。今回は「古物商」は諦めているので、サッサとチェックする。次男はCD見たさに着いて来た。

収穫は「Cluster & Eno」「Gentle Giant / Civilian」「XTC / MUMMER」かな。結局 CD かよ(笑)。

で、今回の一番面白い買い物はコレでした。前から欲しかったんですよ。ガラス製のトルコのお守り「ナザールボンジュウ」です。まさか西荻窪で見付かるとは思わなかった。



見付けたお店は「トルコ雑貨&キリム SOFA Turkish Decor」トルコ雑貨の専門店です。最初、入り口に並べてあった難ありの「トルコタイル」に吸い寄せられ、店内から聞こえる「トルコポップス」に店内に吸い込まれ、値段の高さにクラッとしたところで「ナザールボンジュウ」を見付けてしまったという経緯。

「ナザールボンジュウ」の能書きを引用しておこう。

「ナザールボンジュウ」(NAZAR BONCUGU)

ナザールボンジュウは、古くからトルコに伝わるお守りです。持ち主を災いや不幸から守ってくれる「目」と信じられています。

トルコでは、玄関先や車に飾られたり、小さい物は赤ちゃんの洋服に付けたり、カーテンの縁に付けたりします。

そして、持ち主の身代わりとなって災いから守ってくれた時、このガラスにヒビが入ると言われています。


なるほどなるほど。一つはワガヤ用に、一つは同僚♀用にと二つ買った。

SOFA Turkish Decor
東京都杉並区西荻北3-16-3
03-3397-7038

ココでタイムアウト。17時を過ぎてしまった。普通ならこの辺で「戎」に行って飲み始めるところなのだが、奥さんとはこの辺の趣味も合わない。飲まないのである。幸いなるかな、幸いなるかな。

夕食用に持ち帰り専門店の「鮨・西荻松寿し」で「ばってら」「太巻き」「お新香巻き」「カッパ巻き」「鉄火巻き」をテイクアウトして帰宅の途についた。

次男もさることながら奥さんもそれなりに楽しんでいたらしい。そう感じさせないところが奥床しいのか何なのか…(笑)。なかなか充実した西荻窪探索でした。
- | -| pookmark |
  • 2014.08.29 Friday 13:16
  • category:-
  • author:スポンサードリンク
  • スポンサーサイト
- | -| pookmark |
(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
無料ブログ作成サービス JUGEM